早期再就職者支援基金をもらうように努力しよう

失業したか雇用保険でとりあえずしのぐわけですが・・・

 

じっくり3回分の雇用保険をもらうのもいいでしょうが、

 

良い就職先があればさっさと就職してしてしまったほうがいいでしょう。

 

ちょっと、雇用保険を全部もらわないで就職するのは残念と思う事もあるかもしれませんが

 

早期再就職者支援基金というものがもらえるので、早く就職しても損はありません。

 

早期再就職者支援基金というのは、所定給付日料の3分の2以上を残して早期に職業に就いた場合に支給されるものです。

 

就職して、すぐ給与がもらえるわけではないですし・・・試用期間などがあって、その間給与が低かったり、アルバイトのような時給だったりすることもありますから

 

支給してもらわないと生活は厳しいです。

 

もっとしょっさいな規定を書いてみると

 

(1)待期期間(7日間)終了後、就職が決定したこと
(2)失業給付の支給残日数が所定給付日数の3分の2以上ある
(3)次の就職先で1年以上雇用されることが決定している
(4)退職前の会社(関連会社)以外に就職すること
(5)次の就職先でも雇用保険に加入すること
(6)過去3年間に再就職手当、常用就職支度手当、早期再就職支援金を受けていないこと

 

という条件があります。過去三年以内というのがあるので、一度利用している場合は残念ながらもらえません。

 

もらえる額の計算式は、基本手当日額×40%×支給残日数となっています。